レビトラとは、バイアグラをの次に誕生したED治療薬で、マッチの炎の様に服用後すぐに効く薬として処方されています。

レビトラとは?

レビトラとはED治療薬のことです。(参考サイト;レビトラってなんだろ

ED治療薬といえば、バイアグラを想像する方も多いと思いますが、レビトラはバイアグラの次に誕生した薬です。

レビトラはドイツのバイエル薬品から製造販売されている薬で、その見た目はオレンジ色の円形で中身は白い色の錠剤です。

レビトラなどをはじめ、ED治療薬はどこの医療機関でも保険適用外の処方になり、自費診療となります。

レビトラは2001年に厚生省に申請をして、2004年に認可が下りました。

先にレビトラ10mgの販売が、三年後にレビトラ20mgが販売となります。

レビトラの販売開始後は、有名な俳優が出演するコマーシャルが放映されて、その映像やメロディが記憶に残っている人もいるでしょう。

EDという症状について初めて知ったという人も少なくないのではないかと思います。

EDとはなかなか人にいえないと悩む人がいた当初は、話すことから始めようというコンセプトで販売が始まりました。

日本ではなかなか認識されづらいEDですが、この頃から段々と治療を受けやすくなるという流れになってきたのではないかと思います。

レビトラという名前は、フランス語の男性を意味するleと命を意味するvitraを合わせた言葉で男性の命という意味があります。

レビトラのパッケージに書かれているオレンジのマークはマッチの炎を意味していて、着火したらすぐに付くマッチの様に、レビトラを服用したらすぐに効くということを表しているのだそうです。